豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

このあとどうしちゃおう。

ヨガインストラクター

こんばんは!

ヨガインストラクターのまなみんです(^ω^)

今日は、「おひさまサロン」という、豊富町保健センターが開催しているコミュニティカフェの日でした。
毎週木曜日午前の開催なのですが、今日は出張サロンとして、町内の集会所へスタッフが出かけて行き、集まった方々と楽しいじかんを過ごしてきました。

私は、温泉スタッフとして働いていますが、健康増進担当として、依頼をいただければ、豊富町内あちこちへ行かせていただき、運動指導をさせていただいてます。

今日のサロンでは、先日行った図書室でものすごーく面白い絵本に出会い、その絵本をぜひそれを読み聞かせしてほしい!と、元保育士のスタッフにリクエストして、読んでもらえるコトになりました。

このあとどうしちゃおう。

ヨシタケシンスケさんの本です。

集まったおばあちゃんと、子どもちゃんひとりで、聴き入ります。

人間は死んだらどうなるの?

残したいコトってなあに?

が、あれこれと、面白おかしく描いてあり、

何より、「そうそう、分かるわ!」という内容。

イヤなコトはイヤ。

こうしてもらうと嬉しい。
というのは、人それぞれだけども、やっぱり、意外とみんな同じなのかもしれません。

今、巷では「エンディングノート」を書くのが流行りのようになり、各地で勉強会なんかも開催されてますが、私も、ホントに大切なコトだと思うんです。

いざという時、なるべく悔いのないように伝え残しておきたいコト。

絵本を読み聞かせてもらった後に、ご参加の皆さんと、そんなコトをあれこれ話しました。

何だか、それがとてもよい時間となり。

こうして毎日生きている中で、ついつい明日も明後日も、いつまでもこんな毎日が続くような気がしてきます。

辛いのも同じで、いつまでも良くならないのではないか?と、先々の不安にばかりにとらわれたり。

良くも悪くも、「変化しないモノはない」し、未来がある保証なんて、そもそもないです。

 それは分かっていながらも、なんとなく、明日のコトを考え、来年の今頃は、なんて思ったりしています。

それはそれで、悪いコトではないのですが、たまにはこうして、「生きている毎日は当たり前ではない」というコトを思う時間があると良いなあ、と。

伝えたい時、伝えられる時に、伝えたいヒトへ。

分かっていても、あえて口にするコトも大切だと思います。

そんなコトを、あれこれ話したじかんでした。

このあとどうしちゃおう。

この絵本、かーなりオススメです!

本屋さん、図書館へ行った時には、ぜひ手にとって見てみてくださいね。

クスっと笑えるだけでなく、しみじみ味わえる感覚があると思います。

書いた人
中島まなみ ヨガインストラクター まなみん

愛知県出身のまなみんです。 私は、「沖ヨガ」という日本のヨガを学んでいます。 西洋のヨガとは違い、日本人に合った、日本人のためのヨガなので、無理なく生活に取り入れて、健康増進に活用していただけると思います。 ヨガのリズム。 | 笑顔溢れるより豊かな毎日を目指して。豊富温泉・アトピー性皮膚炎・湯治・ヨガの活動日記 中島まなみ

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る