豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

今年もよろしくお願いいたします。

コンシェルジュ

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

移住してから数年ぶりに地元には帰省せず、温泉で紅白見ながらのんびり年越しを迎えました。

というのも季節の変わり目ごろからここ数年で最悪と言っていいほどアトピーが悪化してしまい、ゆっくりと湯治したいと思い、豊富に残ることにしました。

仕事に支障も出てき始めていたため、12月はお休みを多めにもらい少しずつですが
回復してきました。理解あるスタッフに心から感謝。

しかし、つくづくアトピーとは難しい病気だなと実感。
いつも季節の変わり目には調子がすこし下降しても節制していればそのうち回復してくるのですが、昨年末からは悪化に歯止めが効かず、毎日温泉に入ってもなかなか治らない状況が続き、ひどい時は毎朝目が開かなくなるほど顔が浮腫んで少し掻くと浸出液が出てくるようなつらい状況でした。

1年を通して天気が不安定で、気温気圧ともに上がったり下がったりで体がついて行かないと言っている方にたくさん出会いました。湯治で来られてすっかり良くなったのにすぐ悪くなってしまって、また湯治に来るという方が例年に比べ多かったように思います。思えば、年末のニュースでも中国のP.M2.5が酷く、日本の基準値の5倍だったとか。そりゃ具合も悪くなるわ、と。

原因は一つとは限りませんが、体の不調はスゴロクで言う「一回休み」なのだと
いつからか「自分の体の声」として考えるようになりました。

遊びも仕事も置いておいて、まずは体調を良くするのに専念する人

遊びも仕事もしつつ、体調と相談しながらうまやっていく人

アトピーや乾癬との付き合い方は人によって様々だと思います。

僕は、後者を選ぶために豊富温泉に移住しました。
それが自分には、合っていると思ったからです。

でも、ついつい無理をして「体の声」をちゃんと聞かずに
過ごしてしまうことも。

健康あっての充実した人生だと改めて気付かされました。

今年の目標も「健康第一」かな。

今は大きな目標より目の前の大切なものを大切に。

そんな気持ちです。

以上、久々のザキオブログでした。

今年もよろしくお願いいたします。

書いた人
ふれあいセンター ふれあいセンター 尾崎

ふれあいセンターの管理担当をしています。尾崎です。静岡出身でアトピーの湯治をきっかけに豊富町に移住しました!よろしくお願いします!

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る