豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

がんばれ宗谷本線

健康相談員

先月末頃から館内に貼られている一枚のポスターがあります。

IMG_5362

芸術的なセンスが乏しい私でも「なんだかステキ」と思えるポスターです。

 

IMG_5364

「勝手に宗谷本線応援プロジェクト」「最北の鉄路をみんなで応援しよう」等々、書かれているひとことひとことに宗谷本線を何とかしたいという熱い想いも伝わってきます。

 

IMG_5366

よくよく見れば一枚一枚が独立した写真。そしてこれらの写真は、全国の皆さんから寄せられた宗谷本線にゆかりのある写真たちなのだそうです。

多数の写真を組み合わせて作る「モザイクアート」という手法。どうやったらバラバラな一枚一枚をちゃんとひとつの画にまとめられるのでしょうね(+o+)

企画の詳細やもっときれいな画像等は「天北線上音威子府(てんぽくせんかみおといねっぷ)機関支区鉄道倶楽部」さんのfacebook等に掲載されていますので、ご覧になってみて下さい。

 

わが豊富駅も含まれる宗谷本線は稚内から旭川までの路線で、札幌から豊富に向かう鉄路の要です。

乗継なしで札幌までの往復には欠かせない存在ですが、つい先ごろ(3月4日)のJR北海道ダイヤ改正で、直通は上り下り共に1本ずつとなり、後の2本は旭川で乗り換えしなければいけなくなりました。

また、時刻も変更になってしまったことで、乗継バス等接続が今までより不便になってしまった部分もあります。

今回の改正では、宗谷本線だけでなく他の路線でも減便や接続が悪くなることでの新たな不便さが生じたり、利用者が少ないということで廃止となった駅もいくつもあります。

お隣幌延町では、町内に「秘境駅」が6つもあるということで、何とかそこを守りながら新たな観光資源にしようと力を入れ始めています。

(「ぽっぽろ愛好会」さんのFacebookに色々とご紹介されています。こちらもぜひご覧になってみてください)

豊富町と稚内市も幌延町と一緒になって何かできないか、知恵を出し合う機会がつい先ごろから始まりました。

 

かつては汽車(北海道民あるあるの一つですね。でもいまどきは「JR」という人が増えたのかな)通学していた私。就職してからも仕事に遊びにほとんど汽車を利用していました。。

今は、時間やコスト面等で特急はぼろ号を利用することも多くなってしまい、あまり胸を張って言える立場ではなくなりましたが、単純にバスがあるから鉄路は無くなっても良いということではありません。

雪国の鉄路は維持管理に大きな経費がかかることは素人の私でも想像できます。乗る人が少なければ、100円の利益を得るために数千円の経費が掛かると言われれば、声も小さく(ましてや今はすっかり利用ご無沙汰なのでなおさら)なりますが、それだけでは図れないたくさんの意義があると思うのです(明確に伝えられないのにこんなことを書いてしまって…ごめんなさい)。

ものすごく儲けにはならないけど必要なこともあると思うのです。

今は時間を優先するため車を利用することに気持ちが向いてしまっていますが、本当は汽車の窓から眺める景色も好きでした。

寝不足等体調によっては稀に車酔いする私も、汽車で酔った記憶はありません。(どこかでお酒も…という声が聞こえてきそうな)

湯治で来られる方々にも、廃線や廃駅の心配をされている今日この頃。

細々でも知恵と工夫で宗谷本線、道北地方の鉄路がどこまでも続いてほしい。ポスターがそんな気持ちを湧き立たせてくれました。

書いた人
齋藤真由美 相談員マユ

自然に囲まれて育ったためか、少々の虫でも全く動じず。健康相談だけでなく季節の変わり目にはカメムシハンターしています。

コメント欄

    • 加藤恵一
    • 2017 30/3 11:13AM

    宗谷本線には大変お世話になった路線です。個人的には室蘭本線に次ぐ利用でした。1964年急行「天北」で音威子府で乗り換え、C55の蒸気機関車の引く鈍行で幌延に赴任しました。仕事に慣れたころ、準急「礼文」で稚内に映画、買い物などしに列車を使い、車など高値の花の頃ですので、抜海から見える利尻山と海に感動したものです。出張も急行「宗谷」で札幌、東京などへ数えきれないほど往復しました。新婚旅行も(本人と当時の寮生たち)夜行急行「利尻」で出発したものです。1975年ころには車も行きわたりましたが、急行「宗谷」は混んでいました。1977年には幌延より転勤で、家族一同道東に出発しましたが、宗谷本線のサロベツ原野を縦断する風景は忘れる事はできませんでした。それが、新聞等のニュースで赤字だから廃線にすると聞き、冷静になって考えると人口が減少し、増加の見込みがないようだとなれば、鉄道会社も廃線となるんですね。経営者は当然の事としても、地域住民にはたまったものではありません。
    稚内・豊富・幌延など沿線の市町村はたくさんの工夫で宗谷本線存続運動をしていますが、遠方から応援しています。伊達市の長生大学文集にも宗谷本線として今、文を書いていて、2018年2月発行に出す事にしてアピールしていきます。汽車の窓から見る風景は素晴らしく、いつまでも記憶に残ります、そんな鉄道夢が消えていくのは悲しいだけです。
                                 宗谷本線万歳

    • 齋藤真由美
    • 2017 1/4 1:47PM

    いつもお気にかけて頂きありがとうございます。つい先ごろも道北地方の宗谷沿線自治体で声をあげていた記事が新聞に掲載されていました。個々の力は小さいかもしれませんが、存続のために力を合わせることは大切ですね。今年は例年より積雪が少なかったこともあり雪解けも早いです。既に春の芽吹きもあちこちで見られ始めています。今時期のんびり鈍行列車の旅もきっと良いでしょうね。加藤様もご都合許されましたら、またサロベツの景色を眺めにいらして下さい。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る