豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

北海道弁の伝わりにくい表現

コンシェルジュ

豊富温泉には、全国各地からお客様が訪れています。
温泉スタッフのメンバーも私と保健師のまゆみさん以外のスタッフは道外出身です。

そこで大体話題になるのは、各地の方言です。

私は北海道弁だと知らずに使っていた言葉で、実はうまく伝わらない表現があります。これは、豊富温泉に来て知ったこと。

語尾に「~っしょ」「~だべ」「~だべさ」「~かい?」をつけること、などは定番の北海道弁なので知っている方も多いと思いますが・・・

今日は、北海道人がよく使うあるある表現を紹介したいと思います。

「このボールペン、書かさんないな~」
「隣のスイッチ、押ささった~」

こんな話し方。聞いたことありますか?

1つ目の「このボールペン、書かさんないな~」は、
「このボールペン、書こうとしているのに、インクが切れているから(もしくは壊れているから)書けないな~」という意味になります。

標準語では、「このボールペン、書けないな~」という表現になると思いますが、「書けない」とは違うんです。「書けない」というと、「自分にはできない」「不可能」の意味と同じになってしまいます。

「書かさんない」は、動詞そのものに「自分が悪いのではなく、対象物が悪い」の意味が含まれているのです。書こうという気持ちはあるんです。でも、ボールペンが壊れているせいで書けないのです。

この違い、分かりますか?

2つ目の「隣のスイッチ、押ささった~」は、
「隣のスイッチ、押そうとしてないのに、間違って押しちゃった~」という意味になります。

標準語では、「隣のスイッチ、押しちゃった~」と表現するようです。ですがこちらも、「押しちゃった」とは意味が違うのです。自分では押す気はないんです。
「進んでそうしようと思っているわけではないが、状況が自動的にそうしてしまう」という心情をあらわしているそうです。

どちらの表現も、北海道人には定番中の定番な表現で、様々なバリエーションがあります。

調べてみたら、いっぱい出てきます。
スクリーンショット 2017-06-27 10.03.35

wikipediaにも詳しく説明が出ています。

「○○さんない」
「○○さる」
北海道、移住上級者(7年目)の尾崎くんクラスにもなると、こんなややこしい表現も使いこなせています。さすが(笑)

写真 2017-06-17 16 31 09
この写真にあるように、北海道では絆創膏のことをサビオと呼んだりもします。商品名なんだそう。

よろしければ、北海道の方と話すときのネタにしてみてください。
以上、くだらないお話にお付き合いいただきありがとうございました。

おまけ
曇り空の遠別(えんべつ)町からの夕日。
写真 2017-06-25 19 01 34
遠別は豊富から海沿いを1時間ほど南下した場所です。

書いた人
コンシェルジュ あゆみんぬ。 コンシェルジュ あゆみんぬ。

コンシェルジュ・デスクスタッフ奥村です。ブログでは豊富温泉での日々に加え、豊富町の魅力をご紹介していきたいです。利尻山オタクなので、基本利尻ネタが多いです。

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る