豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

毎月、『千歳市』へ行かせていただいています★

ヨガインストラクター

こんにちは!ヨガインストラクターのまなみんです(╹◡╹)

今年度の4月から、月に一度、北海道の空の玄関口『新千歳空港』がある千歳市へ、ヨガクラスを担当させていただきに、お伺いしています。

毎月、『心地よいアロマの香り』に包まれて、じっくり心身を整えるヨガのじかんです^ ^

実はこのクラス、豊富温泉とのご縁が深いのです。

なぜなら、このクラスを主宰してくれている、千歳市在住のひろみんコト『森糸ひろみ』ちゃんは、第1期の豊富温泉コンシェルジュデスクスタッフだったのです。初めてこのブログ記事を読んでくださる方もいらっしゃるかなと思うので、左がわたくし、まなみん。右が、ひろみちゃんです。

今では、あるのが当たり前のようになっているのではないかと思うコンシェルジデスク。当たり前なのですが、コンシェルジュデスクを立ち上げようと尽力したヒトがいて、試行錯誤を繰り返して、今日のコンシェルジュデスクとなった訳で。

私が初めて湯治療養に訪れた8年前は、コンシェルジュデスクはありませんでした。

なので、湯治相談窓口がなかったため、すでにそこに居た湯治療養の方にいろいろ聴いて、何となくこうかな?という感じで、温泉に入ったりしていました。

次に来た時にはコンシェルジュデスクがあり、レンタカーを借りれるようになったりもしていて、こんな小さな町でがんばっているなあと思ったのを覚えています。

ひろみちゃんは、私が移住した時点では、すでに故郷である千歳市に帰っていました。

が、なぜ巡り会えたのか?と言うと、私が移住した同時期に札幌から移住してきた方に、ずっと『まなみんが絶対気が合うと思うヒトが千歳にいる、ぜひ会ってほしい』と言われていたのです。

何度も言われていたのもあり、会いたい会いたいと思っていて、ある時、めでたく会えました!

どんな機会だったかと言うと、再来週に第3回を迎えるこのプロジェクト!

サロベツともだちこいびとプロジェクト。

通称『ともこい』。

このプロジェクトの記念すべき第一回に、ひろみちゃんが参加してくれたのです。

そこからのご縁で、よく移動であちこちに行く私は、千歳空港を通る時には会ったり、時には泊めてもらったりしています。

そんなひろみちゃんが、『毎月まなみんのヨガを受けたい』と言ってくれたコトから、今年度から温泉のフルタイム雇用を離れ、フリーランスになったコトもあり、毎月千歳市に行かせていただくコトになったのです。

ちょうど昨日が、11月のクラスでした。

昨日は、『発声体操』や、『ペアで行うお手当て』などを取り入れて。

発声体操は、わたくし長く学ばせていただいる、日本伝統のヨガである『沖ヨガ』の行法です。

あ、い、う、え、お、と。

皆さんで声を出します。

とてもシンプルな動きと共になのですが、とくに寒くなってくると、カラダをあたためるためにも、腹をしっかりよく使うためにも、よくクラスでは取り入れてます。

そして、ペアのお手当ては、背中を。

お互いの背中にそっと手を当てて、じっくり呼吸を深めます。

どんなに素晴らしいマッサージ機があっても、人肌に敵うモノはないのでは、と思うのです。

とくに皮膚疾患は、『皮膚の緊張をとるコト』がとても大切だと、日々の現場を通して思います。

クラスの後には、お手当てドリンクを^ ^

今月は、無農薬でこだわって作られた『柿の葉茶』でした(╹◡╹)

なんて優しいお味!

10時から始まって、お茶タイムをして終了が、正午。2時間という長丁場なのですが、じっくり自らと向き合っていただくじかんにしていただきたい。と、皆さまにこれだけのお時間をとっていただき、月に一度のこのクラスは、させていただくコトにしました。

この日も、豊富温泉でお会いした方が何人も来てくださいました。千歳市開催なのですが、札幌からいらっしゃる方が多いのです。

ヨガは、一度行うとどうなる、というモノではなく、細くてもよいので、長く続けていただきたいコト。

目指したいのは、短い時間でもよいから、毎日行うコト。

自律神経のバランスが良くなるよう、『呼吸』にじっくりアプローチしてゆきます。

ひろみちゃんも、アトピー性皮膚炎という『個性』を持っています。

ヒトそれぞれ、強い部分もあれば弱い部分もある。それを私は、個性だと思ってます。

慢性疾患は、疾患にもよりますが、気長なアプローチで改善する可能性が大いにあるのではと思います。しかし、弱いモノは弱い。

弱いと知るコトで、『強みに変わる』と思うのです。

まさに私はそうで、弱い皮膚のおかげで、カラダのバロメーターとなり、常に健康を意識するクセが身についたし、ヨガにも出会い、今はヨガで生計をたててゆけるようにもなりました。おかげにて、長生きできるかもしれませーん(^.^)

『アトピーになってよかったか?』とたまに聴かれます。

それには、良かった部分と良くなかった部分があると答えますが、少なくとも、アトピーという個性を持っていなければ、間違えなく今の私にはなっていない。とは、強く思います。

私は、ヨガという学びがまったくオシャレでなかった20年前に、ヨガを学び始めました。

今でこそ、ステキなイメージさえあるように感じるけれど、その頃は、『怪しい』とさえ言われてました(・・;)

何より思うのは、アトピー性皮膚炎があるから何だ。とか、もしそうじゃなければどうだ。ではない。まずとにかく、『現状をよく理解する』コトが大切。

そして、ここからどうするか?を考え、とにかく『行動してみるコト』かな、と思います。

ひろみちゃんもそうで、時に強くアトピー性皮膚炎の症状が出るコトがあるそうですが、今はそれにあまり左右されにくい仕事、『ハンドメイド作家』として活躍しています。

◎それを書いた私のブログ記事→★★★

 

私のお気に入りは、この羽シリーズ。

アトピー性皮膚炎があるから何、ではなくて、日々を自分らしく、楽しんで生きているひろみちゃん。

クリエイティブなコトがダイスキで、自分が好きで止まない色に徹底的にこだわり、アクセサリーを作る。

それはまた、私と一緒で、アトピー性皮膚炎に翻弄されたコトも、ハンドメイド作家にたどり着くきっかけにもなっているのかな。と、彼女と話していて思います。

ひろみちゃんは、あえて書いておきますが、豊富温泉を頼って豊富町に移住しましたが、豊富町での暮らしは合わなかったそうです。

温泉には入りたいけれど、文化芸術があまりに少ない地でもあるし、ひろみちゃんのような都会好きなヒトには、辛いかもしれません。。。

どこで暮らして何をするかは、とても大きなコト。

『環境』ほど、私たち人間に与える影響が大きいモノはないと思います。

何かを習うにしても、どこで誰にどのように習うかは大切で。

豊富町には、ヨガインストラクターが私ひとりしかおりません。

それを思うと、ヨガクラスの選択肢がないというコトは申し訳なく、だからこそ、なお責任感を強く持ってお伝えさせていただきたいと、日々思っています。

豊富温泉でお会いした皆さまから、引き続きヨガを学びたいという声を、多数いただいてきました。それもまた、ホントに幸せなコト!です。

千歳市クラスが始まったコトで、定期的にお会い出来る方もいらっしゃいます。

私ひとりで出来るコトなど知れているのですが、現在休止中の『豊富温泉ヨガクラス』についても、来年度には、何かのカタチで再開出来たらよいなと、そこを目指したい気持ちです。

問題も、その答えも、常に『自分の内側』にあります。外側ではなく、内側に。

自分がいくら問題だと思って不満を持っていても、それをまったく気に留めないヒトもいれば、チャンスだと思ってるヒトもいます。

だからやっぱり、自分をよく見て、知るコトを。

今、この現代社会において『瞑想』が流行りにもなっていますが、それはやっぱり、結局は自分なんだというコトが、ひとつのカタチとして分かりやすく広がっているのかなと思います^ ^

ついに!豊富温泉にも雪が降ってきましたよー!

※写真は去年のモノです。

冬季に豊富温泉を訪れる皆さま、どうかあたたかくしてお越しくださいね。

『何を着て行けば良いの?』と言う方は、コンシェルジュデスクにお問い合わせくださるのも良いのですが、ぜひ!下記の豊富温泉ガイドブックをお読みくださいませ^ ^

コンシェルジュデスクにお問い合わせが多いコトをまとめて、分かりやすく書いてありま〜す^_^

詳しくは、HPのトップから詳細に飛ぶコトが出来ます。

豊富温泉にて、皆さまのお越しをお待ちしております!

笑顔溢れるより豊かな毎日を目指して。

書いた人
中島まなみ ヨガインストラクター まなみん

愛知県出身のまなみんです。 私は、「沖ヨガ」という日本のヨガを学んでいます。 西洋のヨガとは違い、日本人に合った、日本人のためのヨガなので、無理なく生活に取り入れて、健康増進に活用していただけると思います。 ヨガのリズム。 | 笑顔溢れるより豊かな毎日を目指して。豊富温泉・アトピー性皮膚炎・湯治・ヨガの活動日記 中島まなみ

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る