豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

アトピーフォーラム2017のふりかえり②湯治体験談

コンシェルジュ

今年度の『アトピーフォーラム2017』は、9月17,18日に開催されました。
今日は、ふりかえりブログその2。アトピーフォーラム2017のふりかえり①の記事はこちら→★★★

私は、微力ながら1日目の司会を務めさせて頂きました。司会は去年から少しずつですが、経験させて頂くようになり、ようやくアガらなくなってきました。(汗)温かく見守って下さった皆様、どうも有難うございました。
IMG_0776

今回は今年の2月に販売がスタートした「豊富温泉ミライノトウジへ行こう!」という書籍の出版を記念したイベントでもありました。→★★★
昨日のまなみんのブログに登場した安藤直子さんの基調講演に続いて、私からは体験談の発表について感想を書かせていただきます。

体験談の発表をして下さったのは、関東地方在住の星野くん(男性)と、稚内市在住の奥山さん(女性)です。2人のアトピー歴と、豊富温泉との出会いなどを発表して頂きました。
IMG_0794
IMG_0803
体験談の中には、薬を使用しない治療を選んだ苦悩や、寝たきりになるほどの症状の辛さ、痒みや痛み、それを支えてくれた家族の優しさや想い、豊富温泉で体調が回復したこと、現在に至るまで。自分自身の体験と重なり、涙なしには聞けない内容もありました。

そんな、お2人の現在は・・・
星野くんは、お仕事の長期休みで年に数回豊富温泉に訪れています。現在は、体の調子が良くても長期休みには遊びや観光がてら豊富温泉を利用して下さっています。
奥山さんは、湯治治療を兼ねてこちらに移住されました。現在は、ほぼ温泉に入らず調子を維持されています。

同じアトピーの方でも様々な治療を選択されている方がいます。お2人も様々な治療方法を模索する中で、豊富温泉を1つの選択肢として選んでくれました。

アトピー性皮膚炎は、本当に地味に・・辛いんです。
でも、その辛さは家族にさえなかなか伝わらないこともあります。具体的にどう辛いの?って言われると、その辛さを言葉で表現することもとても難しい。

痒いんです。痒くて眠れないんです。
掻きすぎて痛いんです。痛くて動けないんです。
汗をかくと更に痒いんです。外の風に当たるだけで痛いんです。

服を脱ぎ着することも、お風呂に入ることも、ただ生きようとしているだけなのに生きるために体を動かそうとするだけで、痛くて痒くて辛くて苦しいんです。
それでも生きなきゃいけなくて、生きるために必死で毎日頑張っています。

体の調子が良くなってくると、その辛さや痛みは自然と薄れて忘れていきます。ただ、その辛さを経た分同じ体験をした方に共感することが出来る。
豊富温泉には、様々な体験をしてきた方が訪れます。
その痛みや辛さを理解し、共感できる仲間に出会える逃げ場であってほしい。

私は今もアトピー治療の真っ最中。豊富温泉に住んでいても、アトピーの調子が思うようにいかずに悩むこともあります。ですが、今は、一緒に働くスタッフや友人、家族が、この辛さを1から説明しなくても理解してくれています。それがどんなに、有難いことか。この有難さは、豊富に住んでいると当たり前すぎて忘れてしまいがちですが、本当にいつも助けられていることに気づきます。

豊富温泉に出会えて良かったな。改めて2人の体験談を思い出し、そんな事を思いました。

書籍の第1章「患者さんによる蘇りの体験」に2人の体験談が載っています。ぜひ興味を持ってくださった方はそちらを読んでみてくださいね。
img_1799-1.jpg

おわり

アトピーフォーラム2017のふりかえり③に続く・・

書いた人
コンシェルジュ あゆみんぬ。 コンシェルジュ あゆみんぬ。

コンシェルジュ・デスクスタッフ奥村です。ブログでは豊富温泉での日々に加え、豊富町の魅力をご紹介していきたいです。利尻山オタクなので、基本利尻ネタが多いです。

コメント欄

この記事にはコメントできません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る