豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

爆弾低気圧の置き土産

湯快宿

先日の爆弾低気圧の通過にともない、各地で建物の倒壊や除雪中の事故により亡くなられた方もでました。

年越しの稼ぎ時に高潮で床上浸水の被害にあわれ、商売もできなくなってしまったそば屋さんをニュースで見たときには、心から気の毒としか言いようがありませんでした。

その頃、豊富温泉はどうだったかというと、午前中の内は「今日は雪降りの日だな」という程度に感じていたのですが、午後に入ると風が強まって吹雪となり、道路こそ通行止めにはなりませんでしたが、JRは運休、ふれあいセンターも急遽、18時までの短縮営業となりました。

私は、翌日の朝に帰る方がいたので、バス停まで荷物を持って歩くのは厳しいだろうから車で送ってあげようと思ったのですが、その車自体も翌朝には湯快宿の敷地内から出られなくなる恐れがあったため、吹雪の中、日が暮れて暗くなった敷地内を泣く泣く除雪をしました。

その甲斐あってか、その後、朝までにそれほど積もらなかったのもあり、バス停まで送り届けることができ、その方は無事に帰途に着かれました。

しかし、それでまだホッとしてもいられないのは、

IMG_0098

これがあるためです。

午後の勢いで朝まで降り続けられたら、軒先から地面まで滑り台ができていたことでしょう。

機械とスコップで運び出すこと数十分、

IMG_0100

もう今日はこの辺で勘弁して下さい。 < 誰に言っているのか?

書いた人
髙橋亮 まねじゃ

豊富町温泉保養宿泊所「湯快宿」 管理人

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る