豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

パブリックコメントにご協力をお願いします!

豊富温泉活性化協議会

豊富町は現在、豊富温泉ふれあいセンター及びそれと連携して湯治療養を支える施設が、全体として、厚生労働省の定める【温泉利用型健康増進施設】として認定される事を目指しています。
sennji-

【温泉利用型健康増進施設】とは、厚生労働省が定める「健康増進施設認定規程(以下「規程」という)。」に基づき、「健康増進のための温泉利用及び有酸素運動を安全かつ適切に行う事のできる施設」と認定されたものを指します。
この認定施設を利用して温泉療養を行い、かつ手続き等の要件を満たした場合には、施設の利用料金、施設までの往復交通費について、所得税の医療費控除を受けることができます。
su-san

多くの方にとって、日本最北の温泉郷である豊富温泉までの交通費等は、経済的負担となっています。【温泉利用型健康増進施設】として認定されると、経済的負担が軽減できる方もいらっしゃいます。そのため、なんとかこの認定を得たいと考えています。
pukurin

しかし、この厚労省の認定を受ける際にネックとなるのが、現在の規程だと、一つの施設内に、温泉利用及び有酸素運動の施設が必要とされている点です。
現在、ふれあいセンター内に有酸素運動施設は無く、現行の認定要件を満たすことができません。
nukunuku

今回の規程改正の趣旨は、温泉利用施設と有酸素運動施設が異なる場合でも、施設同士が連携している等一定の要件を満たすことで、【温泉利用型健康増進施設】として認定できるよう、認定要件を緩和するというものです。
この改正により、豊富温泉は、【温泉利用型健康増進施設】の認定に向けて、大きく前進することができます!
Dr.fukki

現在、この規程改正について、2/23までパブリックコメントが募集されています。ぜひ、コメントをお寄せください!
yubana

パブリックコメントは、以下のページから、Webで提出できます。簡単、1分で終了します!
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495150320&Mode=0
無題
→(1)【意見提出フォーム】をクリック
無題1
→(2)提出意見欄に記入してください。一言、「改正に賛同します」などだけでもOK!
*住所・氏名等は任意記入のため、記入しなくても受付されます。
*せっかくの意見を伝えられる機会なので、アトピー患者支援について等、幅広く書いて頂いても大丈夫です。
その場合は、連絡先等も記載された方が、厚労省の方がもっと知りたいと思った際に問い合わせができるので、齟齬が生じにくくなります。
→(3)確認し、提出ボタンをクリックで終了。 簡単です。

多くの方の反響が、後押しとなります。
ぜひこの件に関するご関心・ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします!
ebe

書いた人
高木秀一 温泉活性化協議会 高木

豊富温泉での湯治を軸とした観光振興や町おこしを担当しています。 プライベートでは、北海道の山歩きやスキーを楽しみたいと思っています。

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る