湯治体験談

秋田県 38 男性
よっちゃんさん

湯治の効果は人それぞれ、それでも私が移住を決意した理由。

MEMO

症状
尋常性乾癬
病歴
16年 22才で発症
湯治日数
1か月半
湯治を終えて
身体の末端部分が劇的に改善された

2010年の5月に初めて湯治に来ました。インターネットで、乾癬に良い温泉があるという情報を見て知ったのですが、湯治に来たというよりは、旅のついでにちょっと寄ったという感じです。

正直に言って「民間療法なんてどうせ効くわけがない」と思っていました。ところが1週間くらい経ったら、すねや腕など、身体の末端部分が特に良く改善してきました。これは本当に効くかもしれないと思い、当初の滞在予定を伸ばし、1か月半ほど湯治をすることにしました。その後も症状は緩和され、ほとんど病気とわからないくらいまで改善されました。

旅を再開してから、2か月くらいは良い状態を保つことができましたが、それ以降はまた悪化しました。2回目以降の湯治では、初回に効いたような効果を感じることは残念ながらありません。しかし、それでも私は豊富町に移住しました。

その理由はいくつかあるのですが、ひとつは(皮膚の落屑も含めた)見た目が非常に気になるこの病気は、精神的ストレスが大きいからです。豊富町では皮膚病患者の湯治文化がすでに浸透しているので、見た目を気にすることなく過ごせます。また全国から湯治仲間が集まってきており、全国に友人ができる可能性があることも理由として挙げられます。また、都会と違ってのんびりしていることも大きな理由のひとつです。これには、あくせくしなくて良いという面と、だからこそ何か新しいことを始めれば仕事になるかもしれないという面があると思います。

湯治のスタイルは、短期から移住までさまざまだと思います。自分と似た境遇の方の体験談を参考にしつつ、まずは症状が改善して安定すると言われている2週間を目安に滞在し、自分のスタイルに合った湯治の仕方を模索していくのが良いのではないかなと私は思っています。

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る