医療費控除申請をご希望の方へ

tmb_ryouyougata

温泉利用型健康増進施設について

平成29年7月4日、ふれあいセンターが温泉利用型健康増進施設に認定されました。
温泉利用型健康増進施設とは、厚生労働省が定める一定の基準を満たし、温泉を利用した健康づくりを図ることができる施設のことをいいます。認定施設を利用して温泉療養を行い、かつ以下の要件を満たしている場合には、施設の利用料金施設までの往復交通費について、所得税の医療費控除を受けることが出来ます。

温泉利用型健康増進施設については温泉利用型健康増進施設連絡会ホームページを御覧ください。

お問い合わせ・お申込み

医療費控除のご利用には事前にコンシェルジュ・デスクでのお申込みが必要です。
豊富温泉コンシェルジュ・デスク(担当:尾崎・斎藤)
電話:(0162)-82-3782
メール:お問い合わせページのフォームをお使いください。
お問い合わせのページへ

    <ご利用に必要な要件>   ※医療費控除について詳しくは国税庁のHP
  • 所得税を納めている方
  • 一世帯の一年間の医療費が10万円を超える方
    ※世帯主か扶養に入っているかで変わります。
  • ふれあいセンターの利用が概ね1ヶ月に7日を越える方

※控除の対象となる範囲(例:どこからどこまでの交通費が対象か)については税務署判断となります。詳しくは、お近くの税務署までお問い合わせください。

医療費控除申請ご利用の流れ

    【豊富温泉に来る前に】

  1. まずは、コンシェルジュ・デスクまでお電話にて、ご連絡ください
    豊富温泉コンシェルジュ・デスク(担当:尾崎・斎藤)電話:(0162)-82-3782
    受付時間:9:00-16:00
    温泉利用指導者から説明を受け、滞在日程をお伝えください。
  2. お医者さんに温泉療養指示書を書いてもらいましょう。
    普段かかっている皮膚科医または全国にいる温泉療法医にご相談ください。

    日本温泉気候物理医学会HPの温泉療法医リスト

    以下のページをプリントして持参するとスムーズです。
    温泉利用型健康増進施設HP
    医療費控除手順について
    温泉療養指示書フォーム
    温泉療養証明書フォーム
  3. 【豊富温泉滞在中】

  4. 温泉療養指示書を持って、ふれあいセンターへ
    ふれあいセンター受付で医療費控除申請希望をお伝えください。
  5. 温泉利用指導者と健康運動指導士の面接を受けてください
    到着日に面談が出来ない場合(受付時間9:00-16:00)は、次の日に面談を行います。
    温泉療養指示書を元に入浴と運動の指導を行います。
  6. 利用証明書を受け取り、受付で入浴券を購入してください。
    入浴券は以下の5種類です。
    当日券、回数券(8回)、シニア回数券(11回)、定期券(町内)、定期券(町外)
    いずれも領収書を発行します。当日券の場合はその都度発行致します。
    ※面談前に購入した入浴券の領収証は、面談後に購入日の日付で領収証を発行致します。
  7. 指導に沿って入浴と運動をしていただきます。
    毎日、1回目に入館する際に、必ず受付で入館証の裏に受付印をもらってください。また、再入館の際にも毎回提示していただきます。
  8. コンシェルジュ・デスクで温泉療養報告書をもらってください。
    最終日に、利用証明書を提出し、温泉利用指導者の面接を受けてください。
  9. 【豊富温泉から帰られた後】

  10. 温泉療養報告書をもって、お医者さんへ。
    温泉療養指示書を書いてもらった医師に温泉療養報告書を提出し、温泉療養証明書を発行してもらってください。
    温泉療養証明書フォーム
  11. 温泉療養証明書をもって、最寄りの税務署へ。
    確定申告の際に、温泉療養証明書と領収証が必要になります。大切に保管してください。

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る