豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

オオヒシクイのねぐら入り

湯の杜ぽっけ

こんにちは!
先週の4/22に、サロベツ原野で「オオヒシクイ」のねぐら入りを観察してきました。

オオヒシクイとはガンの一種の渡り鳥で、国の天然記念物に指定されています。昔はヒシの実を食べたことからこう呼ばれています。体長は約85cm。ガンの仲間の中で一番大きな鳥で、羽を広げると1m60cmほどになります。くちばしの先がオレンジ色になっているのが特徴です。ロシアのカムチャッカ半島が繁殖地で、冬季は新潟県の福島潟などで越冬します。サロベツ原野は、このオオヒシクイの渡りの国内最大の経由地で、毎年春と秋に、何千羽というオオヒシクイを観察する事ができます。

(参考:オオヒシクイについて http://www.htb.co.jp/shizen/archives_081206.html

今は、オオヒシクイがサロベツ原野に来る春の渡りの時期。
本州で越冬したオオヒシクイが、繁殖地であるカムチャッカ半島に渡る途中で立ち寄ります。
日中は、町内のあちこちにある牧草地などでえさをついばんでいるオオヒシクイ達が、日暮れになると、一斉にねぐらのペンケ沼に帰ります。
これを観察しようという事で、仲間と行って来ました。

観察ポイントは、以前湿原センターがあった旧原生花園跡地で、「サロベツ原生花園」という名前のバス停がある場所。湿原センターよりも、少し稚咲内海岸寄りです。日没よりも少し早い時刻に到着。道路脇に車を停め、オオヒシクイがねぐらに帰ってくるのを待ちます。

すると・・・やって来ました!
IMG_0500 IMG_0502 IMG_0520 IMG_0522

地平線の向こうから、煙がたなびくように、オオヒシクイが次から次へとやってきました。その数に圧倒されます。
IMG_0530 IMG_0525 IMG_0515

V字編隊を組んで、空を飛んでいきます。

広大なサロベツ原野の中、オオヒシクイの群れが空を埋め尽くして飛んでいく姿は、壮観です!
これからオオヒシクイは北に渡っていく時期で、あと少ししたらサロベツでは見られなくなります。
今ならまだ間に合うと思いますので、ご興味のある方はぜひお出かけになってみてはいかがでしょうか?

春のサロベツも面白いですよ~

書いた人
高木秀一 湯の杜ぽっけ 高木

豊富温泉『湯の杜ぽっけ』スタッフ。埼玉よりアトピー湯治をきっかけに移住しました。プライベートでは、料理と道北のアウトドアを楽しんでいます^^

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る