豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

ココロとカラダの休息@岐阜県 『鬼岩公園』。

ヨガインストラクター

こんにちは、ヨガインストラクターのまなみんです(╹◡╹)
わたくしは今、故郷である愛知県に帰省中です。

日本のてっぺん『豊富町』はまだまだ涼しく、日によっては寒い時もありますが、愛知県はすっかりと、夏の予感。

湿度が高いです(・・;)

全国から豊富温泉へ訪れる皆さま、ほとんどの方が暑い場所からいらっしゃっていて、豊富町より寒い場所から来ました、という方には、なかなかお会いしません(笑)

寒ければ着ればいい!

暑いと、これ以上脱ぐモノもなし、、、

クーラーもカラダがダルくなるし、すっかり豊富町の暮らしに慣れてしまった私は、今から本州の夏にノックアウトしそうです(O_O)

そんな中、前々からずっと会いに行きたいと思っていた友人に会うため、愛知県のおとなり、岐阜県に行ってきました。

岐阜県瑞浪市にある、鬼岩温泉『いわみ亭』へ。

滝がそばにあり、常に水の音が聴こえます。いろんな鳥のさえずりも聴こえて。

 

ここは、ホントに気持ちの良い場所です。約5年ぶりに訪れました。

迎えてくれたのは、共に沖ヨガを学ぶ仲間であり、腕利きセラピストさんでもある友人。

彼女は、いわみ亭の一室を借りて、プチ断食滞在などが受けれるスペース、『癒しroom月』を主宰しています。

ここには豊富温泉と同じく、全国からお客さまが訪れるそうです。

いわみ亭のお庭に咲いている花がキレイで❤︎


とにかく『ピンク』に目がない私です(笑)

『今日はせっかく晴れたから、お山に登りましょう』と誘っていただき。

鬼岩公園は、大きな大きな岩の集まり。

『御影石』です。

昔々、火山の噴火と共に発生し、年月と共にその岩が割れ、木々とつながり、まさに『自然が織り成す芸術』。

『せっかくだからサイレントで歩き、山を感じ、自分の内側を味わいましょう』と。

一歩ずつ、かなりゆっくりと、歩き進めました。

けいこさん(友人の名前です)は、木を触ったり、空を見上げたり、何度も何度も立ち止まる。

私は、そのゆっくりの背中をゆっくり追いつつ、葉っぱの模様を眺めたり、小さな花を見つけたり。

けいこさんが主宰している合宿では、このお山のお散歩もプログラムに組み入れられているそうで。

先日の合宿では、1泊2日の期間、ご参加の皆さまもみんなコトバを発しない『サイレント』で過ごし、ゆるやかにじかんを共有しながら、自分の内側をじっくり味わったそうです。

そこで、山を感じて道を感じて、じっくり歩くコトの素晴らしさを改めて感じたから、今日、私をその空間へと誘ってくれました。

日々、とにかくコトバを発して、話しまくっている私(・・;)

まさに必要があり与えられた空間、という感じで。。。

結局、あるモノしかないんやし、ないモノはないんやし。

出来るコトしか出来ないし、出来るコトをしたらよい。
何だか禅問答みたいですが(笑)、とにかく、とてもとても静かなじかんでした。

サク、サク、と足音。

カチャ、カチャと、木杖の音。

ユサユサ、葉っぱの擦れる音。

インプットとアウトプットのバランスって大切よね。
そして、『フラットな場所』が必要だよね。

北海道に移住して3年。全力疾走で駆け抜けるように過ごす私に、けいこさんが丁寧に、静かに伝えてくれたコトでした。

ヨガの仲間であり、人生の先輩であり。

なぜ全国から、この決して有名ではないこの場所に訪れるのか。

それが、よく分かった気がします。
ここはフラットな場所であり、ここには、ゆったりとしながら、付かず離れず見守ってくれるヒトがいる。
主には、『ご紹介』でご縁が広がっているそうです。

そして、道中。

ここには、

岩場の奥、真っ暗な場所に『鬼』がいらっしゃるそう!

自分の中にいる『鬼』やそうです。

コトバは交わさず、目配せで合図をしながら、ひとりずつ順番に入ってみました。

洞窟のような暗いスペースの一番奥にいらっしゃる『鬼』さんと、目が合う。

『私は心底くつろげてない』と、見抜いていただきました。それは、私自身の内側がただそう映っているだけ、です。

やっぱり、フラットな場所が必要だなー、と。

さらにさらに道を進み、

 

お山の頂上へ。

頂上で出会えたのは、こちらさま。

こんなに素晴らしい『根っこさん』を見せていただきました。
立派な巨木は、見た目の2倍から3倍もの根を張って、自らの存在を支えている。
多くは、土の中で見えない部分。

でもこうして見せていただいて、触らせてももらいました。

どっしりと。

しっかりと。

頂上でしばし、くつろぐ、味わいました。

靴を脱いで、靴下を脱いで、大きな大きな岩にペッタリとくっついて。

仰向けて、うつ伏せて。
風を感じて、空気を嗅いで。

登って降りて、かなりゆっくり行ったので、2時間くらい。
鬼岩公園。

とくに急な傾斜もなく、きちんと整備されているから、とても歩きやすいです。

あー、清々しい。

時があっという間に過ぎたような、ものすごく遠くまで行って帰ってきたような、物的な時間軸では言い難い感じ。

そして。

もうひとつのお楽しみのじかんは、

いわみ亭さんの絶品ランチ(╹◡╹)

けいこさんと、チーズ(^◇^)

よくよく、豊富温泉でヨガクラスを受けてくださった方から、
『家に帰ってからもヨガを続けてみたいけど、近くに沖ヨガの先生はいないでしようか?』

と聴かれます。

日本全国にご紹介出来る先生が居たら、言うコトないのですが、知らない都府県の方が多いです。。。

岐阜県の皆さまには、この、けいこさんがいますよ!

岐阜県多治見市の自宅サロンでは、プライベートヨガクラスが受けれますし、ぜひここ鬼岩も訪れてみて欲しい場所です。

◎けいこさんのHP→★★★

最近よく思います。

『待つ』という大切さ。

カラダにはカラダの都合や仕組みがあり、それは、良い悪いではないです。

一刻も早く治ったらいいと望んでも、長年かけて症状化したモノが、魔法みたいになくなる訳もなく。。。

とにかく楽になりたい!

と言う時には、豊富温泉はぜひ選択肢に入れていただきたいと思います。
この素晴らしい温泉は、大自然が与えてくれた叡智です。

相性はヒトそれぞれやし、何事も試してみてなんぼですが、初めて豊富温泉を訪れた時のビックリは、今でも忘れられません。

不思議なお湯だな〜、と。

明日が見えず、その日暮らしで、とにかく今が辛い!

そうやって、ただただ耐えていた時期に、もっと早く豊富温泉を知るコトが出来たら良かったな、と、思ったりしました。

と言っても、出会える時にしか出会えないのですが〜

フラットなじかんを持つコト。

待つ大切さ。

今日私が感じた、とても大切な『癒し』です。

その癒しが自らを休ませ、調えるチカラに、前に進む勇気になるのかな。と思います。

私、多分かなり頻繁に言ってますが、豊富温泉を訪れた皆さまには、ぜひ『サロベツ湿原センター』の木道を歩きに行ってみていただきたいです。

のんびりのんびり、1時間くらいかけてのーんびり、木道を歩いて、立ち止まって、風を感じて、空気を嗅いでみてください。

最近はそれを『湿原浴』と言ったりするそうです。
きっと、ココロもカラダもスッキリしますよ^ ^

書いた人
中島まなみ ヨガインストラクター まなみん

愛知県出身のまなみんです。 私は、「沖ヨガ」という日本のヨガを学んでいます。 西洋のヨガとは違い、日本人に合った、日本人のためのヨガなので、無理なく生活に取り入れて、健康増進に活用していただけると思います。 ヨガのリズム。 | 笑顔溢れるより豊かな毎日を目指して。豊富温泉・アトピー性皮膚炎・湯治・ヨガの活動日記 中島まなみ

コメント欄

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る