豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

勇気が出るまでに3年半かかったこと。

湯の杜ぽっけ

こんにちは!湯の杜ぽっけの武井です!

先日、実家に帰省していて、久しぶりに豊富に帰ってきました。今年もエゾカンゾウが咲き始めたので早速パシャリ 🙂 ✨

実家に帰ってもホッとするし、北海道に帰ってきて牛を見てもホッとします。

帰省中は、限られた時間しかないので、予定をびっしり詰め込んで毎日動き回っていました!体調が悪化することなく元気に過ごせたのでとても良かったです。ここぞとばかりに美味しいもの食べ過ぎました💓

そんな今回の帰省目的は、大学のダンス部同期の結婚式に出席するためでした!

実は、その子にも皆んなにも、先輩や後輩にも会うのは3年半ぶり。

アトピーが大悪化してから長い間、ずっとずっと自分を隠すことに沢山エネルギーを使ってきてしまいました。

今自分がいる場所も、今自分がやっていることも、今自分がどんな人たちと関わっていて、今自分が何を感じ何を思っているのか、昔からの友人や、それまで当たり前のように関わっていた人たちに対して、自分の「今」を隠しながらひっそり過ごしていたような感覚です。

 

脱ステの現実を何からどう伝えたら良いのか、それも分からなかったし、それに薬に対する誤解を与えたくない。アトピーが重症化した時のむごさは、上手く言葉に出来なくて、でも言葉足らずで軽く捉えられて傷付くのも怖かった。薬のおかげで華やかな学生生活を元気に過ごしていた過去の自分のセルフイメージを崩すことが出来なかった。ボロボロの姿になってしまった「今」を、自分自身でさえ受け入れられていないのに、人に話すことなど私には出来ませんでした。

心配してくれている多くの人たちの気持ちよりも、自分の心を守り、傷付けないために私は自分の存在を消すかのように、人の前にも現れず自分から一切連絡も取らなくなりました。

 

本当に動けなかった時はまだしも、少しずつ回復してきた後も、しばらくその気持ちを引きずったままの状態で、本当に数人にしか伝えないまま、1年前に一人で埼玉から北海道に来ました。

 

そこから、この豊富温泉を通じて新たな出会いを得て、新たな経験をして、目に映るものに癒され、感動し、沢山笑えるようになりました。

それでも、何だか心の根っこの部分が元気になれなくて、ふとした時にいつも空しくて、そんな風にずっと心の大きな穴を埋められずにいました。

自分にとって、それまでの人間関係のほとんどを占めていた、かつての友人や知り合いの人たちと連絡を取らなくなり、全く会わなくなり…。
一度自分で閉ざしてしまった心は、なかなか開けることができず、時間が経てば経つほどに、今更どんなタイミングで、何から伝え、どんな顔で皆んなに会ったら良いのか、ますます分からなくなり、「今の自分」をさらけ出す勇気をずっと出せないまま、気付けば3年半経っていました。

 

その間に沢山沢山沢山の同窓会、新年会、忘年会、同年代の結婚式、二次会、集まり…。高校も大学も部活動に入っていたし、社会人になってからも同期入社の仲間はとても多かった。縦にも横にも広がっているその繋がりは何年経っても絶えることなく、少人数から大人数の様々なお誘いを、何度も心が潰れる思いで断ってきました。

見なきゃいいのに、SNSで流れてくる自分の姿がそこにない写真達を見ては、孤独な気持ちになって、寂しくて悲しくて涙を流し、もっともっと自分の存在を小さく小さくしながら、どんどん殻に閉じこもってしまいました。
このまま何処かへ消えてしまいたいって思った瞬間も何度だってあるし、自分の中で弱く光っていた小さな光さえも、もう消えてしまいそうで、「孤独」というのは、私の中に更なる苦しみを二重にも三重にも生み出していました。最初からありのままの自分を素直に伝えられていたら…打ち明けられていたら…。私は“ココ”にいるんだって、こうして今闘っているんだって、その存在を発信できていたら…。
この3年半、自分の心をこんなに傷付けなくて、悲しませなくて済んだのかもしれません。自分を守っていたつもりだったはずが、振り返るといつも自分を小さな檻に閉じ込めて、苦しめて傷付けていたのは、他の誰でも無く、私だったのだと思います。

 

今までの関係が、全部無かったことに出来たら良いのに。って、そんな悲しいことを何度も考えました。でもそれは、今まで通り皆とまた会いたいという心の奥の本音に蓋をしていただけで、忘れることも忘れ去られることも出来ませんでした。

 

そんな中、今回帰省する少し前に、去年知り合ってから何度か会ったり連絡を取り合っていた湯治仲間の一人に、
「今まで断ってきたけど、今回友達の結婚式を機に、3年半ぶりに皆んなと会ってみようと思うんだ〜。でもやっぱり不安で、どんな顔して会えば良いか分からないし、行くって言わなきゃよかったって思う時もある。」
みたいな話をしたら、
「え!すごいじゃん!!!めっちゃ成長したね!!!前の◯◯ちゃん(私の名前)なら、迷わず行かない!って言ってたと思うよ。本当すごいね!頑張ったね!!!」

って言ってくれた瞬間、思わず涙があふれてきて、しばらく止まりませんでした。

 

「人と会う」

 

たったそれだけの事。

 

 

それだけのことなのに、出来なくて。そんな自分がもどかしくて、悔しくて、そんな自分の弱い部分が嫌いでした。

 

でも、私にとって数年もの間、乗り越えられなかった本当に大きくて分厚い壁。それを乗り越える怖さや不安、どれだけ勇気が必要なことだったか、それを理解しようとしてくれて、分かろうとしてくれて、認めてくれたその人の言葉や姿勢が心から嬉しかったです。

 

「その気持ちわかるよ。」

 

って言ってくれて、私が弱い人間だからではなくて、きっと誰しも自分と同じような立場や状況だったら、同じような気持ちを抱えるんだと思えた時、自分を許すことができて、その安堵の涙があふれたのだと思います。

 

そして、今回大学時代に関わっていたみんなに会った時、今まで何て声を掛けたら良いのか分からなくて、何もしてあげられなくてごめんね。って色んな人に謝らせてしまいました。でも、「やっと会えたね」って、一緒に泣いてくれた心優しい人たち。自分の中で空白だった時間は、ほんの数時間一緒にいただけで、あっという間に埋められていった気がします。

一緒に同じ空間にいて、これが美味しいとか、あれが可愛いとか、アレはこうだったね、こんな事あったね、みたいな。そんなに深く重く険しく考えなくても、その時その時に出てくる自然な会話で良かったんだって思えたんです。

 

それでもやっぱり、あの日、あの時、私には皆んなと一緒に過ごしたかった時間が本当に沢山沢山沢山あった。私もその場所に居たかった。好きな洋服を着て、お化粧して、美味しいものを食べて、あーだこーだ話しながら、ただ一緒に笑っていたかった。
それが何一つ叶わなくて、一つ一つ諦めざるを得なかったあの悔しさや悲しみが、どれほど辛かったかは、あの時の私が一番に知っています。

思い出したくない苦しかった過去の記憶は今でも消えません。でも、この経験があったからこそ、自分の細胞全てに沁みわたるような人の言葉の力に気付くことができたり、今まで会いたくても会えなかった人、

 

行きたくても行けなかった場所、

食べたくても食べられなかったもの、

それらに触れた瞬間、私は今、ものすごいパワーやエネルギーを得て、自分が頑張れる力の源にできているのだと思います。自分を隠さず、偽らず、これからは自分を表現したり、発信したり、そういうことにエネルギーやパワーを注いでいきたいなと思っています!

今日は私の「勇気が出るまでに3年半かかったこと。」を読んでくださり、ありがとうございました!そして、いつも元気を下さっている皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございます!💓

湯の杜ぽっけのInstagramFacebookでは、商品紹介やイベントの告知・詳細・報告、その他ぽっけの活動、お知らせなどをほぼ毎日発信しています!おかげさまで、Instagramのフォロワーが400名を超えました💓今後ともよろしくお願いします!!

 

書いた人
湯の杜ぽっけ 武井 湯の杜ぽっけ 武井

湯の杜ぽっけの活動や私自身が感じる想い、日々の中にある発見、疑問、トキメキを綴っていきたいと思っています!

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る