豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

虫と暮らす

健康相談員

暑い日が懐かしい思い出になりつつある今日この頃。

それでもしぶとく夏仕様で出勤し、遠方からのお客様に「さすが地元ですね」と声を掛けられた齋藤です。

 

今日は残念ながら雨模様ですが、天高く、秋晴れと言う言葉がぴったりな光景もよく見られています。

 

 

コスモスの見ごろもそろそろ終盤でしょうか。

 

 

日暮れも早くなってきて、セミ以外の虫の声が増えました。

ある日の夜、帰ってきたら自宅玄関でこんな子と遭遇。

外ガラスにさかさまにへばりついていたので、そーっと開けて中に入り、普段見られないお腹側を激写しました。(虫の苦手な方、ごめんなさい)

 

キリギリス、かな?と思います。

むやみに触るのは虫さんには大迷惑なので、愛でるだけにして居間に行き家人に話したところ、急にそわそわして「カマドウマじゃないよね」と意外な反応。

確かにこの夏、居間でカマドウマに遭遇した時、えらくムキになって捕獲していましたっけ。

コオロギとおんなじにしか見えない私としては「その内居なくなるよ」とカマドウマを見守ってあげたかったのですが、それを言ってはいけない位必死の形相でした。

「でも以前カブトムシをたくさん買っていたよなぁ」なんて思いながら、黙って家人を見守っていました。

ちなみに実母も大の虫嫌いなので、小さなクモでも見つけると「取って取ってーー」と後ずさりしますが、ハエには容赦なくバシバシやっています。

 

北海道の虫は全般的に大きいようなので、移住された方や滞在中の方などは、その姿かたちにご苦労されている人もいらっしゃるようです。

慣れるか、見ないようにするか、向き合って対決するか、悩ましいところですね。

 

 

書いた人
相談員マユ

自然に囲まれて育ったためか、少々の虫でも全く動じず。健康相談だけでなく季節の変わり目にはカメムシハンターしています。

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 豊富温泉への湯治をきっかけとした移住・求職アンケート
  • 豊富温泉研究まとめ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る