豊富温泉ブログ スタッフがリレー形式で、温泉の日々をつづります。

湯治しながら学べるチャンス。

健康相談員

豊富町では、皮膚症状で湯治に来られるお子さんが、湯治をしながら町内の学校に通学する上での町独自の支援制度を設けています。

IMG_1620

 

小中高校共に活用できますが、制度は移住という形をとった上でのご利用となります。
ただ、いきなり家族で移り住む決断をするのは大変なことですので、そのための事前相談や体験滞在等への支援も設けています。

IMG_1619

 

たまたま湯治に来てみたらそんな制度があることを知ったので、ちょっとだけ聞いてみたい、学校を見てみたい等のご要望もお受けしています。

IMG_1618

 

豊富から約40kmほど北に向かった人口3万4千人強のまち「稚内市」にある「稚内北星学園大学」では、平成30年度からアトピー等で湯治しながら学ぶ学生さんの特待制度(授業料が最大で半額免除)を開始しました。現在は2名(1年生)の学生さんがこの制度を利用して学んでいます。

IMG_1622

 

そして昨年に続き、今年も東京で説明会を開きます。

豊富町教育員会と稚内北星学園大学の方が説明会に赴く予定です。

IMG_1617

今すぐに決断はできないけれど「ちょっとお話を聞きたい」「具体的なことを教えてほしい」などなど、直接話を聞いてみたい方はぜひご参加下さい。

日時:2018年11月5日(月)18:30~20:00

場所:品川駅高輪口から徒歩数分の貸会議室

申し込み:
下記の申し込みフォーム、または電話にてお申し込みください。
https://www.wakhok.ac.jp/tokyo/form.html

申し込み締め切り:10月26日(金)16時

問い合わせ:(豊富町教育委員会)0162‐82-1355
(稚内北星学園大学)0162-32-7511

 

また、説明会には行けないけれど豊富町の支援策(小中高校)にご興味のある方は、どうぞお電話でお問い合わせください。

豊富町教育委員会 社会教育係(湯治担当)0162-82-1355

 

稚内北星学園大学HPでも説明会と大学の湯治留学生度について詳細がご覧いただけます。

http://www.wakhok.ac.jp/toyotomionsen_wakhok.html

書いた人
齋藤真由美 相談員マユ

自然に囲まれて育ったためか、少々の虫でも全く動じず。健康相談だけでなく季節の変わり目にはカメムシハンターしています。

コメント欄

  1. この記事に対するコメントはまだありません。

トラックバックURL

豊富温泉の動画
  • コンシェルジュデスク 湯治のご相談何でもどうぞ
  • 湯治体験談 実際に湯治された方の声です
  • Q&A よくあるご質問をまとめました
  • 豊富温泉周辺エリア 求人情報
  • とよとみでYOGA
  • アトピーフォーラム

豊富温泉公式ツイッター

ページ上部へ戻る